歯科助手の仕事内容と求人

歯科助手とは、その名の通り歯科医院で歯科医師の助手をする人のことを言います。当サイトでは、歯科助手としての必要最低限の具体的な仕事内容や求人情報をまとめています。

  こういう歯科医院はダメ!

アクセス分析による当サイト人気のページ TOP3

第1位 歯科助手の仕事の診療介助について

第2位 求人、面接のポイント

第3位 歯科助手の資格について

歯科助手は実際にどんな場面で活躍している?

  歯医者さんに行くとまず受付にいきますよね?そこにいるのが歯科助手です。

 受付から「○○さーん」と呼ばれ、診察台へ通されますよね?案内してくれる人が歯科助手です。

 歯の治療をするときに器具などが使われますよね?その器具などを準備したり、片付けたり、洗浄や消毒したりするのが歯科助手です。

 治療が終わると次の予約をとったり、お薬を出されたり、会計をされますよね?それらをする人が歯科助手です。

 このように歯科助手の業務範囲はとても広く多岐に渡っています。さらにはこの他にも歯に詰めるセメントを練ることもあれば、歯の型をとるための石膏を用意したり、歯科医院の掃除や洗濯といったいわゆる雑用も任されることもあります。

 治療行為以外の歯科医院での業務全般といった方が早いかもしれません。逆に、受付と助手で業務をきっちりと分けている歯科医院もあります。任される業務内容は歯科医院によってずいぶん差があるようです。(歯科助手のバイト体験談をお探しの方は、アルバイト&短期バイト辞典 - 仕事解説と体験談 がお勧めです。)

歯医者さんの看護士さん?

 多くの歯科医院で歯科助手や歯科衛生士はどちらも白衣のようなユニフォームを着ているため、助手と衛生士は同じもの?どちらも歯医者さんの看護士さん?と勘違いされがちですが、違います

 国家資格を持ち、歯磨き指導やスケーリング(歯石除去)、一部診療行為が許されている歯科衛生士に対して、歯科助手は診療行為はおろか患者さんの口に触れることさえ認められていません。そういった意味からも看護士さんに近いのはどちらかといえば歯科衛生士でしょう。

 とはいえ、実際には助手と衛生士の業務の差はあまりなく、衛生士が助手も兼任することもありますし、医院側も違法と知らずに(もしくは知っていながら)助手に衛生士にしか認められていない行為を行わせているところもあります。

  国家資格が必要な歯科衛生士と違って、歯科助手は資格を必要としないため誰にでもなることができます。資格がないため誰にでも可能な雑用業務が主になっているとも言えますが、なんでも家事をこなすお母さん的な、歯科医院になくてはならないスタッフなのです。

 歯科医師がスムーズに治療が行えるようにサポートするアシスタントが歯科助手という仕事です(歯科アシスタントと呼ぶこともあります)。よく周りに気がつき、サポート上手・気配り上手な人ほど向いている職業といえるかもしれません。

クレジットカード払い対応の歯科で働く場合

 最近はクレジットカード払い対応の歯科が徐々に増えてきています。患者さんがクレジットカード払いをする際、VISAやMasterCardなど、あなたが働く歯科で対応している国際ブランドの確認や、カード裏の署名、そもそも、そのクレジットカードが患者さん本人のものか?などのチェックを行う必要があります。クレジットカード選び@おすすめランキングで、セキュリティ周りの確認をされておくといいでしょう。